東京生活ウォーキングラボラトリー

上京してきて不安たっぷりな方々へ夢の東京生活をナビゲート

増えている家族葬という選択

変化し続けてきた日本の葬儀のカタチ

葬儀は昔から、自宅で行われるのが常でした。
昔は現在のように、葬儀場などはありませんでしたから、お通夜から告別式まで自宅で行い、埋葬する、あるいは近代になれば火葬場へ向かうという形で、行われてきました。
しかし、人口が増え、都市部を中心に住宅事情が悪化するなか、自宅でたくさんの参列者を迎えるのは、とても難しい状況になってきました。
そこで、少しずつ時代の変化とニーズに応える形で、葬儀場が出来て、葬儀スタイルもさまざまな物が提案されるようになってきました。

直葬や密葬などの選択肢も整備されてきました

例えば病院で亡くなったとき、自宅へ連れ帰るのが当然でしたが、遺体を引き取ってくれる人のいない場合や、遺族の事情で連れ帰れないなどのケースが増えたため、遺体を葬儀場で預かってくれて、そのまま全ての葬儀を終えて火葬場へ向かうことができるようになりました。
また、葬儀のスタイルも、仕事関係の方や近所の人などに参列してもらうと、相手への負担でもあり、また遺族への負担をかけると心配して、低価格な家族葬を望むケースも多くなっています。

家族葬儀を選ぶご遺族が増えています

義理で出席してもらっても、相手方に負担であるばかりか、送られる自らとしてもあまり嬉しいものではありません。
少し前までは、会社で同僚が亡くなると、会社から手伝いの人が派遣されたりしたものですが、今ではそのようなこともあまり見られなくなりました。
会社や近所の人に手伝ってもらえば、非常に気を使いますし、御礼などもしなければならなくなります。
知られたくないプライベートな部分もありますから、それであれば親しい人達だけに、心をこめて送ってもらった方が良いと考える人が増えているのも、納得できます。
それに、家族葬であれば、本当に悲しい遺族が悲しみに浸り、故人との別れに時間をかけられるという利点もあるのです。

東京生活ウォーキングラボラトリー新着記事一覧